新設のホームページです。2021年11月以前は「プラチナ・ギルドの会」HP従来版(アーカイブ版)


NEW  相模人形芝居 下中座による公演のSpecial thanks toに当方の団体名 詳しくは .....

NEW  アワード受賞者の黒木さんから嬉しいお知らせです 詳しくは .....

□  4月26日(火)第111回定例会を開催しました 講演UPしました 詳しくは .....

□ 3月22日(火)プラチナ・ギルド アワード授賞式報告です 詳しくは .....

□ 3月3日TV東京にてNPO法人ユニカセの中村八千代さんの活動が紹介されました 詳しくは .....

□ 2月25日「ソーシャルキャリアの創り方」セミナーを開催 詳しくは .....


 

「プラチナ・ギルドの会」の4大事業

 

 

2022/2/27 神奈川県青少年センター紅葉坂ホールにて相模人形芝居 下中座による
「涅槃に行った猫」の公演がありました。

 

日本の伝統芸能である「文楽」を継承し、かつ今回は添付パンフレットにもありますように、Jazz-Bunraku The Cat Who Went to Heaven という演目でした。歌舞伎は何度も鑑賞されている方でも文楽の鑑賞は少ないのでは?しかも今回は米国文化でもあるJazzとのコラボ。興味津々でした。

 

人形の動き、Jazzと英語での人形の動き、日本語テロップ付きという進行でした。コロナ禍によりほとんどがOnlineによるリハーサルであったこと。何度も繰り返し相互理解を深めたうえで公演に至ったとのこと。素晴らしいものでした。

 

開催されたのパンフレット内の、Special thanks to の中に我々「認定NPO法人 プラチナ・ギルドの会」記載されています。(下記)

 

第9回Awardでも表彰されました。

 

 

日本文化も大事にしていきたいですね。(文責 宮田)


 

先般アワードを受賞された黒木実馬さんから(Facebookより)

 

早朝から電話が鳴り続き、西日本新聞に私の記事が掲載されていることを教えていただきました。

見てみたら、想像より大きな紙面を割いていただいていました。

筑後版「住人十色」というシリーズの中の記事になっていました。

取材していただきました久留米支社の玉置采也加記者には、何度も細かい取材をしていただきまして、電話での確認も念が入っていました。

間違いがあるといけないという記者魂が現れていました。

有難うございました。間違いはありません。

取材のきっかけは今回のプラチナ・ギルド・アワードの受賞ですが、私がこれまでやってきました高校時代からのボランティア活動の流れに焦点を当てて、わかりやすい記事にしていただきました。

感謝いたします。

受賞の広報は、受賞戴いた団体への感謝の気持ちの発露であり、後に続く人たちへのやる気のバトンと考えています。

この記事で、若者がボランティア活動を始めてもらったり、現在既にボランティア活動を実施しておられる高齢者の方がさらに継続してやっていこうと思っていただけましたら幸甚です。

これまでの多くの皆様からのご支援、誠に有難うございました。

私自身もさらに継続して楽しんで行こうと思っております。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 


第111回定例会開催のお知らせ. (終了しました)

 

開催日時: 2022年4月26日(火)17:30~19:30

開催: 日本総研13F会議室およびZoomでのオンライン(ハイブリッド形式)

 

参加を希望される方は下記のgoogle formをご利用ください。後日zoom URL等をお送り致します。 

https://forms.gle/wL7DsFugPCaTFDZ67

 

 プログラム

17:30~18:30

講演:テーマ「デジタル大臣賞受賞とその後」

  1. 85歳でのデジタル大臣賞受賞の背景
  2. 「誰一人取り残さない、人にやさしいデジタル社会」への期待と課題
    • 社会が求めるデジタル・シニア活用
    • デジタル庁のデジタル推進員構想
  3. 新しいシニア「e-Senior(いいシニア)」になりませんか?

 講師:牧 壮氏 現在、シニアICTディレクター・牧アイティ研究所代表・IoSJ名誉顧問

プロフィール

牧 壮(Maki  Takeshi)

1936年山口県下関市生まれ。慶応義塾大学工学部卒。旭化成工業入社。旭メディカル常務取締役、旭メディカル常務取締役、シーメンス旭メディック副社長、旭化成情報システム社長を歴任。1999年リタイア後マレーシアでインターネットビジネスを展開。75歳で帰国。

その後「新老人の会」「一般社団法人IoSJ」「e-senior」を立ち上げる。

現在、シニアICTディレクター・牧アイティ研究所代表・IoSJ名誉顧問

 

18:3019:30

1.     10周年記念事業準備委員会:中間報告 (20分)

2.     Focus on People:新会員 五味 喬氏 (20分)

3.     会員間情報共有 (20分)

 


 

 

以下当日の様子を順次ご紹介いたします。

 

 

 

主催者挨拶 プラチナ・ギルドの会

   理事長 奥山俊一

 

来賓挨拶 公益財団法人さわやか福祉財団 会長 堀田 力様

 


 

受賞者表彰  及び 記念写真

 

 

 

以下5名の受賞者及び当日のスピーチをご紹介します

 


 

佐野 正明 さの・まさあき

 

 

  NPO法人 コミュニティ かりば  理事長 (71歳)

 



当団体は神戸市西区の狩場台を中心とするエリアで地域の活性化活動や高齢者の生活サポート事業を幅広く展開。

オールドタウン化で衰退した商店街の活性化をはじめ、地域の居場所として空き店舗を利用した休憩所の運営、公設の地域集会所の受付受託、フリマボックスやセルフ喫茶事業、健康太極拳やストレッチなどの健康増進運動など活動は広範多岐にわたり、会員も 100 名を超える規模に成長。

受賞者は市役所を定年退職後8年前に当NPOを立ち上げ、自身が暮らす地域の急激な人口減少、高齢化を何とかしたいとの思いからボランティア活動に取り組んだ。

現役時代に行政の立場で〝まちづくり”に関わった経験から、地域づくりや関連行政に精通している強味に加え、行政マンとしての総合的な視野、他団体との調整やネットワークづくりなど、その能力が遺憾なく発揮されており、共助社会の拡大が求められる今日、公務員経験者による率先垂範のロールモデルといえる。

http://comukariba.sakura.ne.jp/


 

美禰子様 はやし みねこ

 

  相模人形芝居 下中座  座 長  (77 歳)

 


下中座は江戸時代から小田原市小竹地方に伝わる三人遣いの人形座で、今は無い東京の人形浄瑠璃の面影を残すと高く評価され、県の無形民俗文化財、国の重要無形民俗文化財の指定を受けた。

長い歴史の中で様々な困難があり、高齢化などで座員が一桁になる危機もあったが、地元での普及活動に地道に取り組み、小・中・高の授業や部活での指導など後継者育成に力を注いだ結果、若い座員が多く育っている。

古典演目の継承はもちろん、金太郎が主人公の「怪童丸物語」など新作にも取り組み、更にブロードウェイのジャズと三人遣いのコラボ「ジャズ文楽:涅槃に行った猫」の上演に向けて練習を重ねている。

受賞者は座の代表として幅広い活動を先頭に立って支え、講演の交渉、用具・道具の維持管理、後継者育成など八面六臂の活躍。

伝統文化の伝承という今日の日本の大きな課題に対してひとつの道筋を示した功績は大変大きい。

https://www.shimonaka-za.com/


 

渋谷 雅人  しぶや・まさと

 

 

認定NPO法人 全国こども食堂支援センター・むすびえ

                プロジェクトリーダー (54 歳)


当 NPO 法人はこども食堂の普及を通じて〝誰も取り残さない社会の実現“を目標に、

1 地域ネットワーク支援事業

2 企業・団体協働事業

3 調査研究事業を3本柱として

全国レベルで展開・運営。

2019 年より全国から 100 名以上が参集する全国交流会を毎年開催し全国各地で地域ネットワークの立ち上げを支援。企業からの相談を受けてこども食堂への各種支援のマッチングを行い、2020 年度は物資・資金合わせて総額3億円を仲介。

更に全国の地域拠点が6007カ所に達している実態を明らかにした。

受賞者は大手総合商社を早期退職、ファンドレイジングなどNPO運営に関する経営を学んだ後に当組織に参加。

チーム運営に優れた手腕を発揮し、むすびえ全体のマネジメントに重要な役割を果たしている。現役時代の経験を活かし社会参加するビジネス・パーソンのセカンドライフの模範

https://musubie.org/


 

清水 弘子  しみず・ひろこ

 

認定NPO法人

かながわ福祉移動サービスネットワーク 理事長  (64歳)


当NPO法人は高齢者や障がい者など移動困難者のための外出支援活動を行う目的で2003 年、神奈川県内の移動サービス団体が連携して設立された福祉有償運送団体。

移動サービスの社会的認知度向上と地域福祉充実を目指して活動し、交通事業者/自治体/NPOの三者と連携し〝高齢者や障がいを持つ人の暮らしの足を支える“を標榜し、当会だけで個人から大手まで 100 団体におよぶ会員を有するまでに拡大してきた。

受賞者は子育てが一段落した後、〝何か地域のために“との思いから地元生協の市民活動等を経て本活動の立ち上げに参画し、各種研修・学習会の講師や、全国各地からの要請による講演・普及支援活動にも奔走。

国交省より初代地域公共交通マイスターを拝命し、横浜市の交通関連委員会の委員として外出支援サービス拡大のための政策立案にも参画するなど、超高齢化社会の支援機能の担い手とし大きな役割を果たしている。

http://www.kanagawa-ido.net/


 

 黒木 実馬   くろき・じつま

 

認定特定非営利活動法人

日本車椅子レクダンス協会 理事長  (73歳)


当協会は身体の不自由な人や高齢者、養護施設の人たちなどを対象とした指導・普及活動を全国展開している。

NPO 設立後 27 年で、各地に設立した支部数は447 カ所、会員も約 2500 名を擁する規模にまで拡大し、国内のみならず海外にも活動の場を広げている。

受賞者は早くからボランティア活動に参加、活動歴は 50 数年に及ぶ。

現役時代に社交ダンスのインストラクター資格を取得、1995 年に〝車椅子社交ダンス“を自ら発案し、当時の勤務地であった北海道恵庭市で活動を開始。

NHKの全国放映での紹介が契機となり、その後自身の勤務地などで順次拡大してきた。

退職後、郷里の久留米市に本部を構え、施設訪問主体に活動する傍ら多数のインストラクターを養成。

若い時からの社会貢献への熱い思いを胸に、幹部自衛官として全国を転勤する中で培った地縁・人脈と様々

な組織運営能力を最大限に活かして日々奮闘する姿は賞賛に値する。 https://www.wsda.jp/

 

 

昨年度までのプラチナ・ギルド アワードの受賞者はこちらから

 


 

『ソーシャル・キャリアの創り方』セミナー開催

 

アカデミー事業部では、2月25日(金)にS社グループとの合同セミナー「ソーシャル・キャリアの創り方」を実施しました

(18:00から19:30 オンライン開催:受講者250名以上

 

講師は(株)ボーダレス・ジャパン代表取締役副社長鈴木雅剛さん、総合司会は当会会員の岩嵜いづみが担当しました。

 

 

 

今回のセミナーテーマは

「何のために働くか、誰のための仕事か~生き方と仕事の接点:個と社会がつながるビジネス」です。

 

鈴木さんは「社会課題を解決するためにのみ起業する(社会起業家のプラットフォーム)」という考え方から現役世代に向けて早くから社会課題に関心を持ち行動に移すよう呼びかけました。

印象に残った言葉は数多くありましたが、特に次の2点は心に響きました。

 

(1)自立自走(じりつじそう)

他社に依存し利己性にとどまるのではなく、理想の実現のために自らの哲学、意見に基づき自己判断して行動する。

(2)自分に関心のある社会課題を見つけたら頭で考えるのではなく、できることからひとつづつ過去にとらわれず、未来に縛られず即刻行動に移すこと。

 

鈴木さんの講演は簡潔、明快で受講者の皆さんからも質問が相次ぎ、鈴木さんと岩嵜さんの掛け合いも交えて和やかな雰囲気も醸し出してあっという間に時間が過ぎました。

「双方向のセミナー」を目指していた観点からは成功したのではないかと思っております。

今後ともコンテンツや講師陣の充実、セミナー対象先を拡充していきたいと考えております。

 


 

奥山理事長が10月3日にNPO法人まちづくりエージェントからインタビューを受けましたので、ぜひご視聴をお勧め致します。

 

横浜の認定NPO法人まちづくりエージェントSBC(SIDE BEACH CITY)から招かれ、当会の設立時以来の理事長の思いと当会の活動ぶりを語っています。

私どもの活動の目的や思いをわかりやすく知っていただけると思います。

 

対話形式での収録結果は、Podcastで公開されています。

 

Podcastによるインタビューの様子は下記からお聞きください。53分の長さです。

 

https://sbc.yokohama/sbcast/59-platina_guild_org-okuyamashunnichi

 

認定NPO法人まちづくりエージェントSBC(SIDE BEACH CITY)

https://sbc.yokohama

 


▷フェイスブックページへ



 

▷PGメルマガ登録/解除

「プラチナ・ギルドの会」の定例イベントや会員の活動情報を配信していますので、ご関心のある方はぜひ右側フォームからご登録ください。

 

*毎月中旬に月1回配信しています

 

■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。